福井県敦賀市の改葬、墓じまい

 このページでは、福井県敦賀市の改葬、墓じまい、お墓の引っ越し、無縁墳墓改葬などについて、専門の国家資格者である行政書士がご説明しています。

改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬などが専門の行政書士による、代理、代行などの業務のご案内

 改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬などが専門の行政書士による代理、代行などの業務のご案内はこちらのページをご参照ください。

 改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬、お墓の引っ越しなどの代理、代行の費用の見積もり依頼、お問い合わせ、ご依頼はこちらのページをご参照ください。

改葬許可申請、改葬、墓じまいの手続きをする自治体はどこか

 改葬許可申請、改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬の手続きをする自治体はどこかについて、

  1. 現在、福井県敦賀市にあるお墓や納骨堂を改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬する場合。
  2. 現在、福井県敦賀市以外にあるお墓や納骨堂を墓じまいして、敦賀市に改葬、お墓の引っ越しをする場合。

 の二つに分けてご説明します。

現在、福井県敦賀市にあるお墓や納骨堂を改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬する場合

 現在、福井県敦賀市にあるお墓や納骨堂にご遺骨が納められている場合には、敦賀市役所に「改葬許可申請」をして、敦賀市長の「改葬許可」を得ることが必要となります。

 敦賀市長の改葬許可を得ないで、改葬や墓じまい、無縁墳墓改葬を行うことはできません。

 さらに、改葬先、新しいお墓、お墓の引っ越し先が「敦賀市以外」の場合と「敦賀市内」の場合とで分けて説明します。

  1. 敦賀市内のお墓や納骨堂→敦賀市以外のお墓や納骨堂に改葬
  2. 敦賀市内のお墓や納骨堂→敦賀市内で改葬

墓じまいして福井県敦賀市以外に改葬する場合、お墓の引っ越しをする場合

 現在の敦賀市内のお墓や納骨堂を墓じまいして、敦賀市以外のお墓や納骨堂にお墓の移転、お墓の引っ越しをする場合は、敦賀市役所に改葬許可申請をして、敦賀市長の改葬許可を得ることが必要となります。

 改葬先、新しいお墓や納骨堂のある自治体での手続きは、要らないことが多いですが、改葬先、新しいお墓や納骨堂が東京都立霊園や、各市町村が運営している公営墓地、公営霊園の場合は申請、届出などが必要となります。

墓じまいして福井県敦賀市内でご遺骨を移す場合

 敦賀市内の、違うお寺や霊園の墓地や納骨堂にご遺骨を移す場合にも、敦賀市役所に改葬許可申請をして、敦賀市長の改葬許可を得ることが必要となります。

同じお寺や霊園で永代供養や樹木葬などにする場合

 さらに、敦賀市内の同じお寺や霊園の墓地の中での移動であっても、違う区画に移す場合には墓地埋葬法(正式名称は「墓地、埋葬等に関する法律」(1948年(昭和23年)法律第48号。さらに省略して「墓埋法」と呼ぶ場合もあります。)の定める「改葬」に該当しますので、敦賀市長の改葬許可を受けることが必要となります。

 例えば、今までは敦賀市のお寺の「家ごとのお墓」にご納骨していた場合に、同じお寺の「永代供養墓」で永代供養にする場合も、やはり敦賀市長の改葬許可が必要となります。

 「お寺は変えずに、今までの“家ごとのお墓”から永代供養墓に移すだけだから、改葬許可申請は要らないだろう。」「同じ霊園の中で“家ごとのお墓”から樹木葬の区画への移動だから、改葬許可申請は要らないだろう。」と考えると違法行為になってしまいますのでご注意ください。

 なお、いわゆる墓じまい代行会社、墓じまい代行業者に「同じお寺や霊園の中の、永代供養墓や樹木葬区画への移動なら改葬許可申請は要らない。」と誤った説明をされてトラブルになった事例のご相談もうかがっています。

 「お墓のプロ」を自称する墓じまい代行会社、墓じまい代行業者を散見しますが、率直に言って、「墓地行政法規の研究者」で、改葬や墓じまい、墓地埋葬法の論文や書籍の執筆もしているさくら行政書士事務所の経験では、本当にお墓の法律に詳しい墓じまい代行会社、墓じまい代行業者を見たことはありません。

 もし、敦賀市での改葬、墓じまいについて、墓じまい代行会社、墓じまい代行業者に依頼することを検討されている方がこのサイトをご覧になっていたら、「敦賀市で、今までの“家ごとのお墓”から、同じお寺の中の永代供養墓に移す場合には改葬許可申請は必要か?法律上の根拠は?」「敦賀市役所に改葬許可申請する場合は、敦賀市役所の改葬許可申請書を使用する必要があるか?法律上の根拠は?」と聞いてみてください。

 その墓じまい代行会社、墓じまい代行業者が本当に「お墓のプロ」かどうかわかると思います。

現在、福井県敦賀市以外にあるお墓や納骨堂を墓じまいして、敦賀市に改葬、お墓の引っ越しをする場合

 現在、福井県敦賀市以外にあるお墓や納骨堂を墓じまいして、敦賀市に改葬、お墓の引っ越しをする場合には、現在のお墓や納骨堂のある場所の市区町村に申請して、改葬許可を受けることが必要となります。

 このとき、改葬先、お墓の引っ越し先の敦賀市役所で行う申請や手続きはありません。

 現在、ご遺骨が納められている自治体で発行された改葬許可証があれば、敦賀市でご納骨することができます。

敦賀市役所での改葬許可申請

敦賀市役所での改葬許可申請の窓口

 敦賀市役所では「環境廃棄物対策課」が窓口になっています。

 ご遺骨の改葬について「環境廃棄物対策課」が担当することに対してさくら行政書士事務所は違和感を覚えます。

 敦賀市ではご遺骨について「環境廃棄物」という認識なのでしょうか。

 さくら行政書士事務所は、ご遺骨は少なくとも「環境廃棄物」ではないと考えます。

敦賀市役所での改葬許可申請に必要なもの

敦賀市役所での改葬許可申請に必要な書類や資料

 敦賀市での改葬許可申請には、以下の書類や資料が必要となります。

  1. 改葬許可申請書
  2. 埋葬証明書、埋蔵証明書、収蔵証明書のいずれか(名称はよく似ていますが、法律上は全く内容が異なります。どの証明書が必要になるかは、事案によって異なりますので注意が必要です。)
  3. 改葬先の墓地使用許可証、永代使用許可証など
  4. 相続関係証明書
     敦賀市役所では、改葬許可を申請する方と、故人との関係がわかる家系図の提出を求めています。
  5. 親族合意確認書
     敦賀市役所では、「改葬について、親族が合意している」と疎明する書類の提出を求めています。
  6. 戸籍謄本、除籍謄本、戸籍全部事項証明書、除籍全部事項証明書
     敦賀市役所では、改葬許可を申請する方と、故人との関係がわかる戸籍謄本、除籍謄本、戸籍全部事項証明書、除籍全部事項証明書の提出を求めています。
     また、故人の死亡年月日がわかる戸籍謄本、除籍謄本、戸籍全部事項証明書、除籍全部事項証明書の提出を求めています。
  7. 故人の住民票、戸籍の附票など
     敦賀市役所では、故人の死亡時の住所がわかる住民票または戸籍の附票の提出を求めています。
  8. 改葬許可申請者の住民票
     敦賀市役所では、改葬許可申請者の住民票の提出を求めています。
  9. その他、敦賀市長が求める書類、資料。
     具体的には事案ごとに異なりますので、敦賀市役所との協議や交渉が必要となる場合があります。

敦賀市役所が求める資料の法的妥当性

 以上のように、敦賀市役所は改葬許可申請に際して他の市区町村に類例が無いような膨大な量の資料、書類の提出を求めています。

 敦賀市役所が求める資料については法的な妥当性を欠くと考えられるものも多く、敦賀市長に法律上認められる裁量を逸脱、濫用しているとさくら行政書士事務所では考えます。

 福井県敦賀市役所の改葬許可申請手続きの法律上の問題点についてはこちらのページをご参照ください。

敦賀市役所での改葬許可申請に必要な手数料

 敦賀市役所の場合は、改葬許可の申請手数料は必要ありません。

無縁墳墓改葬、無縁墓の整理の場合

 敦賀市にあるお墓について、無縁墳墓改葬、無縁墓の整理を行う場合には、敦賀市役所の環境廃棄物対策課に申請して、無縁墳墓改葬許可を得る必要があります。

改葬、墓じまい、お墓の引っ越し、お墓の移転、無縁墳墓改葬などの代理、代行

 大学および大学院で法律学を専攻した行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の引っ越し、お墓の移転、無縁墳墓改葬などを代理、代行します。

「墓地行政法規」が専門の行政書士事務所

 さくら行政書士事務所は、改葬、墓じまい、お墓の引っ越し、お墓の移転、無縁墳墓改葬などの「墓地行政法規」(墓地埋葬法などの法律)が専門の行政書士事務所です。

 2006年8月の開業以来、通算300件以上の代理、代行を受任してきました。

 家庭裁判所に改葬、墓じまいの代理人として選任された実績もございます。

 また、お墓に関する法律の専門家として、論文や書籍の執筆もしております。

代理、代行の受任地域

 日本全国、全ての地域、都道府県で直接、受任します。

行政書士以外が改葬、墓じまいを代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社が、改葬許可申請書などの作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください。

改葬、墓じまいの代理、代行の資格

 例えば石材店や、墓じまい代行会社、墓じまい代行業者などが、改葬許可申請や墓じまいに必要な申請の代理、代行をすることは行政書士法違反という犯罪になり、懲役刑を含む刑罰の対象となります。

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行は行政書士をご利用ください。

離檀料の交渉や、訴訟、裁判

 現在のお墓が寺院墓地、お寺の墓地の場合、「高額な離檀料を請求されないか」「高額な離檀料を請求されたらどう対応したらいいか」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

 相手がいることですので「100%」と断言することはできませんが、改葬、墓じまいを法律職、国家資格者である行政書士に代理、代行を依頼することで、高額な離檀料を請求されるリスクは確実に減少できます。

 また、離檀料の交渉の代行をすることは弁護士にしかできません。

 離檀料の交渉や、訴訟、裁判になった場合でも弁護士と共同でサポートします。

 高額な離檀料を請求されたら、というご心配が減少するのも国家資格者である行政書士に改葬、墓じまいの代理、代行を依頼する大きなメリットです。

 もちろん「墓じまい代行業者」「墓じまい代行会社」ではこのようなことはできません。

代理、代行の受任費用

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用は、無料で見積もりをお作りします。

 無料でお作りしますので、費用のご負担はございません。

 代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 また、改葬、墓じまいなどについてご不明な点も、下記のページよりお問い合わせください。

 見積もりは無料で作成しますので、費用のご負担はございません。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。

敦賀市ってこんなところ

 敦賀市は、福井県の南西部にある市です。人口は約6万4千人です。

 隣接する自治体は、福井県南越前町、美浜町、滋賀県高浜市、長浜市です。

 敦賀湾に面して、江戸時代には北前船が寄港する海上交通の要所であったほか、琵琶湖からも約5キロメートルと近く、また陸路も多くの街道が通るいわゆる「交通の要衝」でした。

 地形の関係もあり、福井県内の他の自治体と同様に滋賀県との関係も深い都市です。

 関ヶ原の戦いで討死をとげた大谷善継の居城である敦賀城があった場所です。

 1960年代以降は原子力発電所が多数立地しています。

 西福寺の書院庭園が有名です。西福寺さまへの改葬ももちろん、代理、代行を受任いたします。