人が亡くなった場合のご遺骨の所有権の法的考察

 このページでは、人が亡くなった場合の、その「亡くなった方のご遺骨の所有権」について、法律上の問題点を踏まえながら考察しています。

 前のページでご説明したように、ご遺骨について特殊なものとしながらも、所有権の客体となるとするのが、裁判上も民法の学説上も有力です。

 ご遺骨が所有権の客体となることを前提に、人が亡くなった場合の、その「亡くなった方のご遺骨の所有権」について考えてみます。

「亡くなった方のご遺骨の所有権」については2つに分かれる

 最初に結論を述べると、「亡くなった方のご遺骨の所有権」については2つの見解があります。

 一つ目は、「亡くなった方のご遺骨の所有権」は相続によって承継されるとする見解です。

 二つ目は、「亡くなった方のご遺骨の所有権」は、その祭祀を主宰する者が原始的に取得するという見解です。

 主にこの2つの見解がありますが、民法学上の通説は形成されていないと言えるでしょう。

 以下では、この二つの見解について検討します。

「亡くなった方のご遺骨の所有権」は相続によって承継されるとする見解

 まず、「亡くなった方のご遺骨の所有権」は相続によって承継されるとする見解です。

 これは、「生きている人間は、皆、自分の肉体について所有権を保持している」という見解とつがなりやすいでしょう。

 生きている人間が「自己の肉体」について所有権を保持しており、その方が亡くなった場合には肉体が変化したご遺骨が、相続、承継されると考えると説明がはまります。

 明治時代の明治民法では、この見解が採用されていました(大審院判決・1921年(大正10年)7月25日(大審院民事判決録27輯1408ページ))、大審院判決・1927年(昭和2年)5月27日(大審院民事判例集6巻307ページ))。

 また、最近の裁判例・審判例でも採用されています(東京家庭裁判所審判・2009年(平成21年)3月30日(家庭裁判月報62巻3号67ページ、名古屋高等裁判所判決・2014年(平成26年)6月26日(判例タイムズ1418号142ページ))。

 この審判では、祭祀の主宰者が亡くなった方のご遺骨の所有権を取得する根拠として民法第897条を準用するとしており、相続によってご遺骨の所有権を取得するとする立場です。

「亡くなった方のご遺骨の所有権」は、その祭祀を主宰する者が原始的に取得するという見解

 これに対して、「亡くなった方のご遺骨の所有権」は、その祭祀を主宰する者が原始的に取得するという見解があります。

 「生きている人間は、自分の肉体について所有権を保持するとは観念できない」と考えた場合にはこちらの説につながることになります。

 また、「生きている人間は、皆、自分の肉体について所有権を保持している」という見解であっても、こちらの説によることはできます。

 裁判例でもこちらの見解を採用するものがあります(東京高等裁判所判決・1987年(昭和62年)10月8日(家庭裁判月報40巻3号45ページ))。

学説上は通説の形成はない

 この問題について、学説では通説の形成には至っていないように思われます。

 ただ、このどちらの見解を採用するかで要件事実も異なってきますし、民法上の差異も生じます。

 また、相続による承継を認める見解を採用すると、分骨の請求ができるという結論につながりやすいでしょう。

 法律上の結論の差異が発生する論点ですが、現在のところなかなか研究が進んでいない論点です。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行

 国家資格者である行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しを代理、代行します。

改葬、墓じまいなどのお墓、墓地が専門の行政書士事務所です

 さくら行政書士事務所は、墓地埋葬法規の専門事務所です。

 通算受任実績300件以上の行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行を受任します。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行の受任地域

 他の業者などに下請けすることなく、日本全国、全ての地域、都道府県で直接、代理、代行を受任いたします。

行政書士以外が、改葬、墓じまいなどの代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社が、改葬許可申請書などの作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください。

 例えば石材店や、お墓の販売会社、改葬・墓じまい代行会社、改葬・墓じまい代行業者などが、改葬許可申請や墓じまいに必要な許可申請の代理、代行をすることは違法行為となりますので、できません。

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行をご依頼の際は行政書士をご利用ください。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行について

代理、代行の費用の見積もり、および、資料は無料でお送りいたします。

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用は、無料で見積もりをお作りいたします。

 無料でお作りいたしますので、費用のご負担はございません。

初回のお問い合わせは無料でご回答いたします。

 初回のお問い合わせは無料でご回答いたしております。

 どうぞお気軽にお問い合わせください。

改葬、墓じまいのお問い合わせ、代理、代行の費用の見積もりのご請求はこちら

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。