改葬、墓じまいの見積もり依頼

 このページでは、行政書士に改葬、墓じまいの代理、代行を依頼した場合の費用についてご案内しています。

 実際に改葬、墓じまいをご検討になって、多くの方が実際に気になるポイントは「費用」ではないかと思います。

 改葬、墓じまいをするためには「費用」がかかることは間違いありません。

 その改葬、墓じまいの代理、代行を専門の国家資格者である行政書士に依頼することは「費用」の面から考えた場合についてどうなのでしょうか。

 このページでは、できる限り率直に検討してみたいと思います。

行政書士に改葬、墓じまいを依頼することによるメリット

 まず、専門の国家資格者である行政書士に改葬、墓じまいを依頼することによるメリットを検討します。

改葬、墓じまいを完了させるための手間と時間の削減

 改葬や墓じまいをご自身で進めていくことももちろんできます。

 しかし、改葬や墓じまいを行うためには必要な作業も多く、また集める資料も多いものですので、ご経験のない方にはご負担も大きいかと思います。

 ご自身で進めていくのは手間、時間の負担は大きいように思います。

 行政書士に代理、代行を依頼することによって、このような手間と時間は極めて抑えることができます。

お墓を往復する時間と費用の削減

 例えばお墓が遠方にある場合など、事案によってはご自身が改葬、墓じまいを進めると、何度もご自宅とお墓のある場所を往復する必要がある場合があります。

 さくら行政書士事務所では、必要な場合、効果が著しく高い場合に限って出張をすることにしています。

 このような場合には、専門家である行政書士に代理、代行を依頼してしまった方が、結果として費用の総額が安くなる場合もございます。

離檀料など、トラブルなく改葬、墓じまいを完了させるメリット

 改葬、墓じまいに際して、高額な離檀料を請求されないか不安であるという声もうかがいます。

 このような場合には、予め専門の国家資格者に依頼して丁寧に進めていくことで、高額な離檀料を請求されるリスクも抑えることができます。

行政書士に改葬、墓じまいを依頼するメリットのまとめ

 以上のような理由により、国家資格者である行政書士に代理、代行を委任することで、改葬、墓じまいの費用の総額を抑えられる場合があります。

 改葬や墓じまいのわずらわしい手間や作業、遠方まで行く時間を含めたコスト、そして離檀料などを請求されるリスクを減らすメリットを考えると、行政書士に改葬や墓じまいの代理、代行を依頼する費用に見合う価値は十分にあると思います。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行

 国家資格者である行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しを代理、代行します。

改葬、墓じまいなどのお墓、墓地が専門の行政書士事務所です

 さくら行政書士事務所は、墓地埋葬法規の専門事務所です。

 通算受任実績300件以上の行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行を受任します。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行の受任地域

 他の業者などに下請けすることなく、日本全国、全ての地域、都道府県で直接、代理、代行を受任いたします。

行政書士以外が、改葬、墓じまいなどの代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社が、改葬許可申請書などの作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください。

 例えば石材店や、お墓の販売会社、改葬・墓じまい代行会社、改葬・墓じまい代行業者などが、改葬許可申請や墓じまいに必要な許可申請の代理、代行をすることは違法行為となりますので、できません。

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行をご依頼の際は行政書士をご利用ください。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行について

代理、代行の費用の見積もり、および、資料は無料でお送りいたします。

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用は、無料で見積もりをお作りいたします。

 無料でお作りいたしますので、費用のご負担はございません。

初回のお問い合わせは無料でご回答いたします。

 初回のお問い合わせは無料でご回答いたしております。

 どうぞお気軽にお問い合わせください。

改葬、墓じまいのお問い合わせ、代理、代行の費用の見積もりのご請求はこちら

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。