家墓、自宅墓

 ある意味で「究極的」なご供養方法は、「ご自宅にお墓を作ること」です。

 これができればお墓参りの手間も格段に減りますし、時間も減ります。

 このように、ご自宅にお墓を建てることができるのでしょうか。

 改葬、墓じまいを専門とする国家資格者である行政書士が解説します。

改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬などが専門の行政書士による、代理、代行などの業務のご案内

 改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬などが専門の行政書士による代理、代行などの業務のご案内はこちらのページをご参照ください。

 改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬、お墓の引っ越しなどの代理、代行の費用の見積もり依頼、お問い合わせ、ご依頼はこちらのページをご参照ください。

自宅にお墓を建てられるか

 手元供養のページでもご紹介したように、自治体によっては「ご自宅の屋外での手元供養も認める」という自治体もあります(東京都の島嶼部。東京都大島町、東京都利島村、東京都新島村、東京都神津島村、東京都三宅村、東京都御蔵島村、東京都八丈町、東京都青ヶ島村、東京都小笠原村など。)。

 このような自治体では、原則的にご自宅の屋外、例えばご自宅の庭などにお墓を建てることを認めています(東京都の島嶼部。東京都大島町、東京都利島村、東京都新島村、東京都神津島村、東京都三宅村、東京都御蔵島村、東京都八丈町、東京都青ヶ島村、東京都小笠原村など。)。

 ただし、圧倒的多数の自治体では、ご自宅の屋外、例えばご自宅の庭などにお墓を設置することは認めていません(北海道旭川市、北海道札幌市、埼玉県内の全ての自治体、東京都世田谷区、東京都江戸川区など)。

 インターネットを検索すると、「自宅の庭に設置するお墓」を販売している業者さんが複数あることがわかります。

 このような業者さんはもちろん、「適法です、何も問題ありません。」として販売していますが、上述したように、自宅の庭などにお墓を建てることを認めていない自治体(北海道旭川市、北海道札幌市、埼玉県内の全ての自治体、東京都世田谷区、東京都江戸川区など)ではこのような「自宅墓」「家墓」を購入しても、自宅の庭に設置することは禁止されています。

 さくら行政書士事務所では、原則として、ご自宅の庭などにお墓を建てる行為はあまりにリスクが高いと考えますのでお勧めしません。

 ただ、どうしても、このような「自宅墓」「家墓」を購入して、自宅の庭に設置しない、という場合には、購入前にご自宅の市区町村とよく相談、交渉をすることは不可欠です。

 購入した後に「設置は認められない。」とわかっても、トラブルに発展するのは必至です。

 なお、墓地行政法規の研究者でもあるさくら行政書士事務所からすると適法性に極めて疑問を感じますが、ご自宅の中にお墓を建ててしまう方もいらっしゃいます。

 これはある意味で最もお墓参りは楽ですし、ご遺骨との一体感は強いかもしれませんが、上記のとおり適法性には疑問が強いです。

改葬、墓じまい、お墓の引っ越し、お墓の移転、無縁墳墓改葬などの代理、代行

 大学および大学院で法律学を専攻した行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の引っ越し、お墓の移転、無縁墳墓改葬などを代理、代行します。

「墓地行政法規」が専門の行政書士事務所

 さくら行政書士事務所は、改葬、墓じまい、お墓の引っ越し、お墓の移転、無縁墳墓改葬などの「墓地行政法規」(墓地埋葬法などの法律)が専門の行政書士事務所です。

 2006年8月の開業以来、通算300件以上の代理、代行を受任してきました。

 家庭裁判所に改葬、墓じまいの代理人として選任された実績もございます。

 また、お墓に関する法律の専門家として、論文や書籍の執筆もしております。

代理、代行の受任地域

 日本全国、全ての地域、都道府県で直接、受任します。

行政書士以外が改葬、墓じまいを代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社が、改葬許可申請書などの作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください。

改葬、墓じまいの代理、代行の資格

 例えば石材店や、墓じまい代行会社、墓じまい代行業者などが、改葬許可申請や墓じまいに必要な申請の代理、代行をすることは行政書士法違反という犯罪になり、懲役刑を含む刑罰の対象となります。

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行は行政書士をご利用ください。

離檀料の交渉や、訴訟、裁判

 現在のお墓が寺院墓地、お寺の墓地の場合、「高額な離檀料を請求されないか」「高額な離檀料を請求されたらどう対応したらいいか」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

 相手がいることですので「100%」と断言することはできませんが、改葬、墓じまいを法律職、国家資格者である行政書士に代理、代行を依頼することで、高額な離檀料を請求されるリスクは確実に減少できます。

 また、離檀料の交渉の代行をすることは弁護士にしかできません。

 離檀料の交渉や、訴訟、裁判になった場合でも弁護士と共同でサポートします。

 高額な離檀料を請求されたら、というご心配が減少するのも国家資格者である行政書士に改葬、墓じまいの代理、代行を依頼する大きなメリットです。

 もちろん「墓じまい代行業者」「墓じまい代行会社」ではこのようなことはできません。

代理、代行の受任費用

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用は、無料で見積もりをお作りします。

 無料でお作りしますので、費用のご負担はございません。

 代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 また、改葬、墓じまいなどについてご不明な点も、下記のページよりお問い合わせください。

 見積もりは無料で作成しますので、費用のご負担はございません。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。