改葬後のご供養、新しいお墓に移す

 改葬、墓じまい後のご供養については現在、多くの選択肢があります。

 多くの選択肢の法的特徴、メリット、デメリットなどを専門の行政書士がご紹介します。

最も基本となるのは「新しいお墓、納骨堂に移す」

 改葬、墓じまい後のご供養として最も基本となる形であり、また、実際に現在も最も数が多いのは「新しいお墓、納骨堂に移す」というものです。

 現在のお墓は遠方にあって、もう何年もお墓参りに行けないので、自宅近くの霊園にお墓を建てて、現在のお墓を墓じまいして近隣の霊園に改葬したい。

 今までのお寺のご住職とは良好な関係だったけれど、お寺のご住職が代替わりしてからどうも肌があわない。これを機会に現在のお墓を墓じまいして近隣のお墓に改葬したい。

 自分は今までこの宗教を信仰していたけれど、帰依する宗教を変えることとした。現在、ご遺骨は従前信仰していたお墓の納骨堂にあるけれど、今後は、違う宗教のお墓に改葬したい。

 皆さん、本当に色々な例がお有りですが、最も件数が多く、基本となる改葬、墓じまい後のご供養は、「新しいお墓、納骨堂に移す」というものです。

法律が規定する「改葬」の基本形

 また、この「新しいお墓、納骨堂に移す」というのが、墓地埋葬法の規定する「改葬」そのものです。

墓地、埋葬等に関する法律(1948年(昭和23年)法律第48号)

第2条第3項
 この法律で「改葬」とは、埋葬した死体を他の墳墓に移し、又は埋蔵し、若しくは収蔵した焼骨を、他の墳墓又は納骨堂に移すことをいう。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000048#3

 現在は様々なご供養がありますが「基本形」はこの「新しいお墓、納骨堂に移す」であることは不変です。

墓石を移動すること、墓石の引っ越しもできる

 多いパターン、ほとんどのパターンは、「従来のお墓は墓じまいし、墓石は解体撤去したうえで、改葬先、新しいお墓に新たに墓石を建てる」というものですが、墓石を移動すること、墓石の引っ越しもできます。

 ただ、墓石の移動には高額な費用が必要であること、改葬先、新しい墓地で従来の墓石の引っ越し、持ち込みを認めていない場合があること、今までの墓所と新しい墓所とで大きさが違うために、墓石を移動すること、墓石の引っ越しを選ぶ方は極めて少数です。

 さくら行政書士事務所では、これまで300件以上の改葬、墓じまいの代理、代行をお手伝いしてきましたが、「墓石を移動した方、墓石の引っ越しをした方」の事例は3件しか経験していません。

 このうち2件は、同一都道府県内の改葬で墓石の移設費用が安く抑えられたことが大きかったように思います。

 墓石の移設は遠距離になるとかなり高額な費用がかかり、「新しい墓石を建てた方が安い」という事案も少なくありません。

 さくら行政書士事務所がお手伝いしたもう1件は「生前、ご自身のお墓を建てた故人が、中国やインドで石材を扱うお仕事をされていて、ご自身の墓石のために現在ではもう手に入らない貴重な石を使用した。」という事例でした。

 さくら行政書士事務所はもちろん、墓地埋葬法、墓地行政法規の専門職ですが、鉱物学については全くの素人です。

 ただ、そんなさくら行政書士事務所の行政書士が見ても、その墓石は、緑とも蒼とも呼べない、なんとも言えない素敵な色をしていました。

 採取できる量の関係や、輸出の規制の関係があり、その石材を使用した墓石はもう作ることができないという極めて特殊なものでした。

 このような特別な石材を使って作った墓石でしたから、改葬先でもどうしても使用したい、というご希望を受け、墓石を移動しての改葬を手配いたしました。

 このように「墓石を移動すること、墓石の引っ越しをすること」はできますが、現実問題としては極めてレアケースです。

 実際には、従来のお墓は墓じまいし、墓石は解体撤去して、新しい改葬先で新たな墓石を建てる事案が圧倒的に多数です。

アフター・コロナと改葬

 改葬、墓じまいは長年増加の一途でした。

 この傾向は変わらないかと思いますが、2020年の新型コロナウイルスのパンデミックと、それに伴う「働き方の変化」で改葬、墓じまいの増加は鈍化するとも思っています。

 テレワークは働く場所を選びません。

 今までは東京や大阪、名古屋、札幌といった大都市に引っ越して働いていた方も、生まれ育った郷里で、両親の住む実家の側で仕事をする、という方も増えるかもしれません。

 こういう方が増えると「今までのお墓は遠方で不便だったから改葬する」という方も減ります。

 アフター・コロナの時代は、改葬の在り方にも変化があるのではないかとさくら行政書士事務所では考えています。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行

 国家資格者である行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しを代理、代行します。

改葬、墓じまいなどのお墓、墓地が専門の行政書士事務所です

 さくら行政書士事務所は、墓地埋葬法規の専門事務所です。

 通算受任実績300件以上の行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行を受任します。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行の受任地域

 他の業者などに下請けすることなく、日本全国、全ての地域、都道府県で直接、代理、代行を受任いたします。

行政書士以外が、改葬、墓じまいなどの代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社が、改葬許可申請書などの作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください。

 例えば石材店や、お墓の販売会社、改葬・墓じまい代行会社、改葬・墓じまい代行業者などが、改葬許可申請や墓じまいに必要な許可申請の代理、代行をすることは違法行為となりますので、できません。

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行をご依頼の際は行政書士をご利用ください。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行について

代理、代行の費用の見積もり、および、資料は無料でお送りいたします。

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用は、無料で見積もりをお作りいたします。

 無料でお作りいたしますので、費用のご負担はございません。

初回のお問い合わせは無料でご回答いたします。

 初回のお問い合わせは無料でご回答いたしております。

 どうぞお気軽にお問い合わせください。

改葬、墓じまいのお問い合わせ、代理、代行の費用の見積もりのご請求はこちら

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。