手元供養

 改葬、墓じまい後のご供養として、必ずお墓や納骨堂にご遺骨を納めなければならないわけではありません。

 場合によっては、ご自宅にご遺骨を安置する、ご自宅でご遺骨を保管することも原則として法律上認められています。

 このような「ご自宅にご遺骨を安置する」「ご自宅でご遺骨を保管する」ことを「手元供養」と呼ぶことがあります。

 このページでは、「手元供養」について専門の国家資格者である行政書士がご紹介します。

手元供養の法律上の解釈

 ご遺骨をご自宅などで安置しておく行為、ご遺骨をご自宅などで保管する行為は法律上規制を受けない行為です。

 正確に表現すると、「ご自宅にご遺骨を保管すること」を禁止する法律は現時点で存在しませんから、問題なく行うことができます。

 このように、「ご自宅にご遺骨を安置しておく行為」「ご自宅にご遺骨を保管しておく行為」を「手元供養」と呼ぶことが多いです。

 ご遺骨全てを手元供養としてご自宅に保管する場合もありますが、散骨や合祀、永代供養をして「ご遺骨が全く残らなくなってしまう」という喪失感を埋めるために、小さなお骨つぼなどに入れて手元供養として残しておかれる方も多いです。

 ご遺骨をご自宅に保管したい、というご相談をいただくことは非常に多いですが、原則として法律上問題ない行為です。

 ただし、「ご自宅にご遺骨を保管すること」を条例で制限している自治体も存在しますので、日本中全ての場所で「ご自宅にご遺骨を保管すること」、つまり、手元供養ができるわけではありません。

 具体的には、「ご自宅にご遺骨を保管できる場所」について制限を課している自治体は少なくありません。

 例えば「ご自宅の室内に限って認める」という自治体もありますし(北海道旭川市、埼玉県の全ての自治体、東京都世田谷区など)、他方、「ご自宅の屋外でも認める」という自治体もあります(東京都の島嶼部。東京都大島町、東京都利島村、東京都新島村、東京都神津島村、東京都三宅村、東京都御蔵島村、東京都八丈町、東京都青ヶ島村、東京都小笠原村など。)

 また、「ご自宅以外の、ご自身の所有する土地ならば認める」という自治体もあります。

 手元供養を行う場合には、自治体との相談、交渉は不可欠です。

 ポイントをまとめると「基本的にご自宅にご遺骨を保管すること」はできるのが原則ですが、その場所や態様についてどこまで認められるかは自治体の判断になる、ということになります。

改葬、墓じまいして、手元供養にすることについて

 このように、ご自宅にご遺骨を保管できる以上、現在のお寺や霊園のお墓や納骨堂を墓じまいして、お墓や納骨堂に入っているご遺骨を、ご自宅に改葬することも問題ないことになります。

 ただし、これには実務上、いくつか問題点がありますので整理します。

お寺とのトラブルリスク

 まず、現在のお墓、改葬元がお寺である場合には「墓じまいしてご自宅に改葬する」というプランは一般的に極めてお寺が悪い印象をもつ場合が多いです。

 「お寺のお墓を墓じまいして、これからはご遺骨を自宅で保管します。」というのはお寺のご住職にとって「お墓は不要だ、お寺は不要だ。」と言われているようで非常に印象が悪いとお寺のご住職からはうかがいます。

 敢えてお寺の印象の悪い行為をして、お寺とトラブルになることをさくら行政書士事務所ではお勧めしません。

 法律上、理論上は全く問題なくできる行為ですが、お寺のご住職とのトラブルを避けるためには、一度、ご遺骨の一時保管を行っているお寺に改葬して、そこからご自宅にご遺骨を持ってきた方がトラブルになるリスクは減ります。

衛生リスク

 現在のご遺骨がお墓に入っている場合には、お墓の中でお骨つぼが結露や雨水の流入によって泥水だらけになっていたり、非常に汚れていたりして、衛生的に自宅にそのまま持ってくるのは難しい場合が多いです。

 一般の方にはなかなか想像がつかないかと思いますが、お墓の中の環境は意外に過酷です。

 お墓からご自宅に改葬する場合には、ご遺骨を洗浄して乾燥して衛生的にしてくれる専門業者さんを手配することを強くお勧めします。

 また、お骨つぼ自体も新しいものを用意するようにしましょう。

 このような専門業者さんを探して手配するのは簡単ではありませんから、専門の行政書士に代理、代行を依頼するのもお勧めです。

法律上の取り扱い

 なお、お墓や納骨堂からご自宅に改葬する場合は、墓地埋葬法の「改葬」に該当しませんので、改葬許可申請は必要無いのが原則です。

 ただし、これも自治体によっては、改葬先がご自宅であっても改葬許可申請を求めるところもありますので、確認、交渉が必要です。

ご自宅への改葬はお勧めしません

 このように、現在のお墓を墓じまいして、ご自宅に改葬することは実務上、気をつけるべきポイントが複数ありますが原則として法律上の問題はありません。

 ですが、さくら行政書士事務所では基本的に推奨していません。

 もちろん、ご依頼があれば代理、代行を受任いたします。

 墓じまいして手元供養に改葬することの最大のデメリットはトートロジーですが「ご自宅に、ご遺骨がある状態になること。」です。

 現在は「ご自宅に改葬しよう、ご自宅で手元供養に変えよう。」と思っていても、将来、その気持ちは変化しうるものです。

 また、お気持ちは変化しないとしても、墓じまいして手元供養にした方が亡くなって、お子さんの代になれば意向が変わることは容易にあります。

 この際、またどこかのお寺や納骨堂を準備するか、永代供養、合祀などをすることになるでしょう。

 この時、受け入れ先でご納骨するためには「改葬許可証」が必要となります。

 「今までご自宅で手元供養していた」ご遺骨について、改葬許可を得ることは容易なことではありません。

 改葬許可申請に不可欠な「墓地等の管理者の作成した、埋葬、埋蔵、収蔵の事実を証明する書面(埋葬、埋蔵、収蔵証明書)」が得られないからです。

 このとき、ご自宅のある自治体に事情を説明して、特例として改葬許可を受ける必要が出てきますが、この手続きは簡単ではありません。

 以上のようなデメリットをご説明し、それでも墓じまいして手元供養に改葬したい、という方については代理、代行を受任していますが、「それならば、他のご供養方法がいいかな。」と判断されて、他のご供養方法に切り換える方が圧倒的に多いです。

 このように「墓じまいして、ご自宅での手元供養にする改葬」は法理論上は原則的に可能ですが、積極的にはお勧めしていません。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行

 国家資格者である行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しを代理、代行します。

改葬、墓じまいなどのお墓、墓地が専門の行政書士事務所です

 さくら行政書士事務所は、墓地埋葬法規の専門事務所です。

 通算受任実績300件以上の行政書士が、改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行を受任します。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行の受任地域

 他の業者などに下請けすることなく、日本全国、全ての地域、都道府県で直接、代理、代行を受任いたします。

行政書士以外が、改葬、墓じまいなどの代理、代行をすることはできません

 行政書士ではない一般の会社が、改葬許可申請書などの作成を代行することは、行政書士法などの法律で禁止されている違法行為であり、懲役刑や罰金刑を含む刑罰の対象となります。詳細はこちらのページをご参照ください。

 例えば石材店や、お墓の販売会社、改葬・墓じまい代行会社、改葬・墓じまい代行業者などが、改葬許可申請や墓じまいに必要な許可申請の代理、代行をすることは違法行為となりますので、できません。

 ご依頼者さまにもご迷惑がかかる恐れがございますので、代理、代行をご依頼の際は行政書士をご利用ください。

改葬、墓じまい、お墓の移転・お墓の引っ越しの代理、代行について

代理、代行の費用の見積もり、および、資料は無料でお送りいたします。

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用は、無料で見積もりをお作りいたします。

 無料でお作りいたしますので、費用のご負担はございません。

初回のお問い合わせは無料でご回答いたします。

 初回のお問い合わせは無料でご回答いたしております。

 どうぞお気軽にお問い合わせください。

改葬、墓じまいのお問い合わせ、代理、代行の費用の見積もりのご請求はこちら

 改葬、墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越しの代理、代行の委任契約費用の見積もりは、お気軽に下記のページよりご請求ください。

 どうぞお気軽にお声かけください。

 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。